とうとうエントリーする時という場合には何をおいても準備をサボってはいけません。相場に入る前であるならば、物事を合理的に見ることのできる余裕がある。しかし、いったんマーケットの内側へ深入りすると、どうしても見解が客観性を欠くものになってしまいがちで往々にして真っ当な見方ができなくなる危険があります。だから頭の中が合理的な間に適切に事前準備が大事です。その”準備”とは、何はともあれ物語を描くことからスタートする。この先の相場は下がる(または上がる)からランドを売買するというふうに、自らのストーリー展開を考えていきます。次に重要なのはローソク足チャートをチェックしましょう。今までのマーケットの上がり下がり見つめて、今の値動きを見ます。すると、「今のところひどく安すぎるレベルになっているな」など、または「とっくに大方の方が勝負しているこれから自分が買い(または売り)しても今さら手遅れだな」などと判断できます。言うまでも無く売り(または買い)するがやりようがないと思ったら手を出さないで、その場面ではきっぱりと吹っ切ることが大事です。自分なりのシナリオを押し通そうとして、無理やりトレードすると外国為替市場に跳ね返されてそれどころかマイナスになる危険があります。そうは言ってもかなりの場合では、準備が整った自分なりの台本を描いていると売り(または買い)が手遅れという状況にはなりません。リアルに為替相場が動き出す前のはずだから。更に、差し当ってあなた自身が売買しようとしている通貨の上下の動きを見る事が大切です。仮定として円安が進むはずだというストーリー展開を書いたのであれば、該当する通貨の変動に用心しておきます。マーケットの推移を確認し始めた状況ではその通貨は誰の眼にも明らかに変動する兆しを見せることはなく、上や下にちょっとした上げ下げを繰り返しているだけだろう。だけど、その変化をじっと調べていると、ある場面でじわじわと、ドル高の方向へとマーケットが変動し始めます。このチャンスでいよいよ、ドル円の新規注文を出すのだ。通常は、これだけ注意深く用意をすればその売り買いで勝つ割合は割合大きくなるはずです。