自動車重量税、別称重量税とは国内メーカーの自動車あるいはアメ車等愛車の生産国や低公害ディーゼルエンジン搭載車、1BOX車という自動車の形に全て同じでたとえばレクサスやフォルクスワーゲン、などにも普通に負担が必須な税です。クレジットカードおすすめ

新車を登録するさい、または車検の時に払わなければいけないものになります。

この額は対象となる車の重量で決定されます。

「自動車重量税」と「自動車税」という二つの税金は全く別の概念のため、しっかり理解して一緒にしないようにしなければなりません。

「自動車重量税というものはクルマの重さによって」「自動車税は排気量により」その金額が変わります。

それにより売却する際の扱いも異なってきますし注意が必要です。

クルマを売却する際には支払った重量税がどれだけあってもその金額が戻ってくることはないですが、一方で、自動車税の時は支払い済みの金額を査定額に上乗せしてくれるというケースがありますが重量税については上乗せしてくれるような事例はなかなかありません。

重量税は車を手放すときに納付済みの税金が残存していると言っても中古車の買い取り業者でそのことが材料になることはほとんどないです。

ですから次回の支払い分かりやすく言えば次の車検まで待機してから売却をするということがベストでしょう。

買い取りの際は考慮してもらえない重量税でも、特定の事例だと還ってくることもあります。

この事例というのは車検が残存している廃車にするケースです。

つまり、廃車申請をした時に残っている期間に応じて金額が返金されます。

ただ、自動車の買取の時はそのクルマが廃車されるわけではないので還付されません。

さらに愛車の名義の変更をしてしまった時や盗難された際も返還してもらうことはできません。

重量税の残存期間がある愛車を売却するということはつまり車検がまだある自動車ということです。

そういったことを業者も配慮しますから、自動車重量税が残っていれば査定額が増えるでしょう。

当然、買取金額は店により変わりますが車検の効力が残っているということを計算に入れてもらえば所有車の買取額と比較するとそこまで払い損ということもありません。